ごくごく普通の主婦がキラキラした毎日を送るために!: 身長と同じ高さになるぐらいの原書を読む!

2009年04月27日

身長と同じ高さになるぐらいの原書を読む!

『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)』が届いたので早速4つあるコラムを読みました。

そこで,新しい目標ができました。

越前敏弥先生が駿台予備校に通っている時に教わった,伊藤和夫先生の言葉が書かれていたのです。

「積み重ねたときに君たちの身長と同じ高さになるぐらいの原書や英語雑誌を読まなければならない。」

大学受験を控えている高校生・予備校生には必要ないけれど,大学に進学し,また社会人になったときに本当の英語力というものをつけたければ,身長と同じ高さになるくらいの原書や英語雑誌を読まなければいけないということです。

読み終えた3冊を重ねてみました。まだ足首くらいです。まずはペーパーバックを10冊読むというのが目標ですが,最終的には私の身長を超えるペーパーバックを読みます。

また新たな目標ができました。

積み重ねたときに私の身長を超えるぐらいの原書を読む!

この目標を達成できたときには,翻訳家になっていることでしょう。

この言葉の産みの親,伊藤和夫先生が執筆されているオススメの英語解釈の本が紹介されていました。

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)


ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)


英語構文詳解 (駿台受験叢書)


「リーディングの力をつけるには好きな本をたくさん読むだけでなく,解釈・文法の勉強も平行して進めなければならない。」というような内容のことも書かれていて,好きな本ばかりを読んでいる私の胸にぐさっと突き刺ささりました。これからは平行して解釈の勉強を少しづつ取り入れようと思っています。

『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)』を読み終えたら,次は,『ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)』にチャレンジする予定。

『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)』,30問ほど訳してみましたが,おもしろいです。
ほとんど誤訳していますが・・・。
解説を読んで,もう同じ間違いはしないと思うと嬉しくなってきます。1問1問訳していくたびに,どんどん英語の解釈の力がついていくのを実感できます。なるほど〜と心に響いてくるものがあるのでなかなか忘れそうにありませんから。一通り訳し終えたら,しばらく期間をおいてからもう一度挑戦しようと思っています。

今までは文法の勉強や解釈の勉強はあまり好きではなかったのですが,越前先生のおかげで好きになりました!






----------------------------------
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
人気ブログに参加しているので応援プチっとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ



posted by Kupaloke at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文法の勉強、大切だと思います・・
基本、文法力がないと正しく訳せませんもんね。
私もとりあえず今は高校の時に使ってた文法書を一から勉強し直してるところです。
お勧めの本↑も気になります☆
私もぜひ挑戦したいと思います!
自分身長と同じくらいの原書・・ですか。
ひたすら、よりもそんな目標があった方がきっと頑張れますね^^
Posted by めぐ at 2009年04月27日 23:20
>めぐさん
コメントありがとうございます!風邪で寝込んでまして,お返事が遅くなってすみません。。。
いまさら文法?という思いもあったのですが,意外に知らないことが多くて驚いています。文法も奥が深いですね。またいい本を見つけたらブログで紹介しますね。お互い頑張りましょう!!
Posted by すず at 2009年04月30日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118175347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック