ごくごく普通の主婦がキラキラした毎日を送るために!: 右膝前十字靱帯再建術(6)術後1週間

2013年03月07日

右膝前十字靱帯再建術(6)術後1週間

◆術後第1日◆
心電図が外れた
尿の管が抜けた
1日2回 抗生剤の点滴あり
痛み止め(経口)1日3回 ←術後5日間(追加でもらうことはなかった)
手術をした足に体重をかけない ←術後1週間
シーネが重く持ち上げるのが大変でしたが、松葉杖でなんとか自力でトイレに行くことができました。
アイシングボトルで患部を冷やす。(退院までずっと。松葉杖で氷を取りに行くのがつらかった)
リハビリは明日から開始
◆術後第2日◆
1日2回 抗生剤の点滴あり(今日まで)
シーネを外し装具を装着
リハビリ開始!
膝曲げ 90度 痛みはなし
筋トレ 足上げ 100回
    横を向いて足上げ 100回
    お皿に力を入れる(以下、力入れ)200回
今日からCPM開始(CPM:膝の屈伸運動をする機械)
CPM 1時間 20度−80度
シャンプーOK シャンプーは毎日するこおができましたが、洗面台で足を上げながらのシャンプーは大変でした。。。
術前にショートカットにしておくべき!!シャンプー、リンスは持ち運びやすいように小さい物がオススメ。

◆術後第3日◆
傷の消毒、ガーゼ交換開始(今日から5日間、5日後抜糸)
日曜のためリハビリはお休み
自主トレ 足上げ 100回
     横を向いて足上げ 100回
     お皿に力を入れる 200回
     上記3つを2セット
CPM 1時間 10度−90度

◆術後第4日◆
祝日のためリハビリはお休み
自主トレ 足上げ 100回
     横を向いて足上げ 100回
     お皿に力を入れる 200回
     上記3つを2セット
CPM 1時間 5度−90度
3日に1回の身体拭きがあり、気持ちよかった。
入浴できるのは抜糸後。

◆術後第5日◆
痛み止めは今日で終了。薬が切れてくる頃になると、じんじん痛くなってくるので明日から痛み止めなしでやっていけるのかかなり不安。。。
今日から本格的にリハビリ 朝9時〜12時 昼13時〜16時から17時くらい
  仰向けで足上げ 200回
  うつぶせで足上げ 200回
  横を向いて足上げ1 200回
  横を向いて足上げ2 200回
  お皿に力を入れる 200回

  上記5つを2セット
  膝曲げ 朝100度 昼5度−105度
CPM 1時間 5度−80度

◆術後第6日◆
痛み止めがなくてもなんとか大丈夫。微熱あり。
リハビリ
  仰向けで足上げ 200回
  うつぶせで足上げ 200回
  横を向いて足上げ1 200回
  横を向いて足上げ2 200回
  お皿に力を入れる 200回
  膝にボールを挟む 100回
  チューブを使って足首の運動 100回

  上記7つを2セット
  膝曲げ 朝100度 昼5度−115度
CPM 1時間 0度−90度

◆術後第7日◆
抜糸。痛みはなし。痛い人はかなり痛いようで個人差あり。
明日傷口が乾燥していればガーゼを外し入浴できるようになる。入浴は週に3回。
リハビリ
  仰向けで足上げ 200回
  うつぶせで足上げ 200回
  横を向いて足上げ1 200回
  横を向いて足上げ2 200回
  お皿に力を入れる 200回
  膝にボールを挟む 100回
  チューブを使って足首の運動 100回

  上記7つを2セット
  膝曲げ 朝100度 昼5度−115度
  うつぶせになって膝を曲げるストレッチ。これは痛い。30秒がとても長く感じる。
CPM 1時間 0度−95度

今日から1/3荷重 少し足を付けるようになるだけでも随分と楽になる。
<荷重時期>
術後7日目 1/3荷重
術後14日目 1/2荷重
術後21日目 2/3荷重(片松葉杖で退院可)
術後28日目 全荷重(退院予定日)

膝を曲げる時のリハビリがあまりにも痛くうんざりする毎日でした。。。

英語医薬論文の読みかた・訳しかた 改訂増補版


翻訳事典2013年度版 (アルク地球人ムック)


----------------------------------
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
少しでも何か感じるものがあればクリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ







posted by Kupaloke at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 前十字靱帯再建術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック