ごくごく普通の主婦がキラキラした毎日を送るために!: 子供が怪我をした時はどの救急へ?

2015年11月18日

子供が怪我をした時はどの救急へ?

先日息子がカッターを使っているときにぐっさりと親指と人差し指の間を切ってしまいました。
それ程大きな傷ではなかったのですが、かなり深かったので近くの救急病院へ連れて行きました。
夜の8時くらいだったので、9時半まで診てもらえる近くの救急へ。子供だから小児科でいいのかと思っていたのですが(その日は外科の先生がいなかったのです。)、
小児科の先生「私、縫えないんですよ。縫った方が早く治ると思うんだけど、私が縫うんだったら縫わない方がましだと思います。テープで応急処置をしておきますのでまた明日外科の先生に診てもらってください。」

総合病院だからといって毎日外科の先生がいらっしゃるわけではなかったのですね。
救急でも傷や病気によってその専門の先生がいらっしゃるか確認してから病院に行った方が良さそうです。

小児科の先生の応急処置は完璧だったのですが、次の日外科の先生に診てもらうと
外科の先生「上手にテープ貼ってくれてるね。さすがだわ。でも、縫った方がよかったかもしれないけど、今となってはゴールデンタイム外しちゃってるし今から縫ってもあんまり意味ないかな、、、このまま様子をみましょう!」

傷を縫う時にもタイミングっていうのがあるんですね!初めて知りました。ゴールデンタイム!
息子の場合、特に1日でも早く治したいというわけでもなかったので、麻酔して縫うよりも少し時間がかかったとしても自然治癒でよかったのですが、スポーツをしていて試合が近い、何かの発表会を控えているなど、少しでも早くなおさなければ行けないときはゴールデンタイムを逃さないように、病院選びしっかりをした方が良さそうです。今回のことでいい勉強になりました。









----------------------------------
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
少しでも何か感じるものがあればクリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ

にほんブログ村


posted by Kupaloke at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック